top画像左
top右

2012年JA教育ローン特別金利キャンペーン情報

2012年JA教育ローン特別金利キャンペーン情報などのニュースを紹介しています。2012年JA教育ローン特別金利キャンペーン情報に関するニュースを見る。

JA 教育ローンの情報収集の注意点

2012-09-18
全国のJAバンクでは地域によっては教育ローンが有利に申込む事が可能なキャンペーンが実施される場合が多いです。

情報を収集する際の注意点としてはキャンペーン期間が現在のものであるかどうかという点を確認するなどがあります。 その他、全国各地のJAによってキャンペーンの内容(金利や期間)が違うので確認が必要です。

JAバンクの教育ローンに関しては当サイト別コンテンツ 」 でも解説させて頂いております。


JA(農協)の教育ローンの利用条件

申し込み年齢関連 契約者が満20歳以上で、完済時に満71歳未満であること。
収入に関して 契約者の勤続年数が1年以上でなおかつ、前年度の年収が150万円以上であること。
申込み地区に関して 契約者が申し込みのJA地区内に1年以上居住していること。

教育ローンのキャンペーンを活用して少しでも有利にお金を借りる事は賢い選択です。 情報をこまめに収集する事で金利が低減されたり有利な条件につながるとしたら、 知らないだけで損をしているという状態は避けられます。

受験生を持つ世帯の方にとっては常識ですが、一般的に9月以降は教育ローンなどの需要が高まる時期です。 通常、受験の時期といえば1月以降を考えてしまいますが、実は推薦入試などは夏休み明けぐらいから実施されるのです。

推薦入試を考える場合の学費の準備は遅くても9月頃から

大学進学を考える上では推薦入試という選択肢を視野に入れて行動される世帯も多いです。 一般的にAOは10月に,推薦は11月後半〜ぐらいの時期にあります。

子供さんの場合は常日頃から勉学に励む事はもちろん実施されている事でしょうけれども、 学費の工面を行う保護者の方にとっても資金の都合を考えておく必要があります。

現金で学費のすべてを支払う事が可能な世帯は非常に少ないと思われます。 支払う額にもよりますが、 子供さんの進学の為の学費を別途積立や学資保険などで準備していてもそれだけで十分足りるという事は難しいのが現実です。

スポンサードリンク


一般的な推薦入試

推薦入試には、「公募制一般推薦」「公募制特別推薦」「指定校推薦」の3種類に分けられます。 それぞれの推薦入試の方式によって「基準値以上の評定平均値が必要」「小論文が課される」など出願条件が存在する事が一般的です。

また、推薦入試には専願、併願の2つがあり、それぞれ合格した場合の辞退が出来ない場合や辞退方法などが違ってきます。 近年では早く進路を決定させる事で余分な金銭的負担を回避する目的で推薦入試を選択する世帯が多いです。

スポンサードリンク