top画像左
top右

年末の情報収集がベストな教育ローン利用への第一歩

年末の情報収集がベストな教育ローン利用への第一歩などのニュースを紹介しています。年末の情報収集がベストな教育ローン利用への第一歩に関するニュースを見る。

12月〜1月は一般入試に向けた追い込み時期

2011-12-22
そろそろ2011年の終わりが見え始め、世間でも慌ただしい空気が感じられます。 受験生が存在する家庭では一般受験を目指している場合はのんびりと正月休みを過ごしている状況ではないでしょう。

子供さん自身も最終的な追い込みの時期でもあり、 親御さんも本格的に進学の為の費用を考えなければならない時期です。 国の教育ローンである教育一般貸付などの情報収集を始める方が多いのも12月に入ってからが多いです。

住宅ローンでお世話になっている金融機関からの方が何かと有利な面を感じる世帯の方は、 そちらに進学ローンを申し込む場合もあります。 例えばJAバンクなどでは住宅ローンを利用している方にはさらなる金利の軽減特典などを設けている場合もあります。


スポンサードリンク


積極的に活用したいウェブサービス

面倒な申し込み手続きや保証人、保証料、 金利比較などが面倒な方はウェブ申込で書類が送付されそれに必要事項を記入して返送する教育ローンもあります。 審査が通過すれば利用可能という教育ローンサービスなどを利用する事も検討したりします。

いずれにしても子供さんの合格を待ってからという場合でも事前の申し込みなどは済ませておく事がベターです。

というのも教育ローンはお子さんが試験に合格しなければ必要ないローンだからです。 今ではすべり止めなどを受験する事は常識になりましたが、昨今の不景気で世間のブランド大学への志向が強いです。

やはりお子さんもそれを意識して 「大学へ進学する」という時代から 「目標の学校へ進学する」という具体的な目標がある場合もあり、 その場合は第一志望が不合格=浪人という選択肢になる場合もあるからです。

親としては経済的な負担などを考えて早期に進学を決めてほしい気持ちがある反面、志望校、 卒業後に有利な進学先へ進学して欲しいという気持ちを持っています。 それが子供さんへの期待となりお子さんのプレッシャーになる事もあります。

受験に関しては難しい時期ですが一時の事です。 この時期を乗り切るにはもう少しの我慢です。

スポンサードリンク