top画像左
top右

繰り上げ返済

教育ローン 比較の条件で表面的な有利不利意外にも返済時の事も重要な点があります。教育ローン 比較の条件を有利に進める情報を紹介しています。


繰り上げ返済

【金融用語】
繰上げ返済とは、ローンの支払い中に返済資金の余裕が出来た際に返済を前倒しする方法です。 住宅ローンなどでは、 世帯主(旦那さん)の定年退職に間に合うようにあらかじめ繰り上げ返済を見込んでローンの借入れを行うケースもあります。

繰り上げ返済は各金融機関で手数料が大きく異なる場合があり注意が必要です。 見かけの金利が安いからローンを申込んでみたら、繰上げ返済の手数料が思いのほか高かかった、 という事はよくある話です。


スポンサードリンク


約定返済(やくじょうへんさい)と繰上げ返済

ローンは通常、契約で取り交わした約束である約定に基づいて返済を実行します。 つまり「毎月いくら返済する」というように、 契約時点において取り決めてある返済金額や返済予定のことを約定返済といいます。 教育ローンに限らず多くのローン契約ではこれに基づいて返済は実行されることになるのです。

繰上返済(繰り上げ返済)は、 この約定返済(定期的な返済)とは別にまとまった金額を返済する事を指します。

ローンの残高を減らすことは、 世帯主が定年退職する年齢などを考えると必須である世帯も多いのが実情です。 つまり、 ローンを組む際に繰り上げ返済を当て込んでローン利用プランを建てる世帯も多いのが現状です。

繰り上げ返済の種類

繰上返済には、 ローンの一部を返済する「一部繰上返済」とローンの全額を返済する「全額繰上返済」の2つがあります。

繰り上げ返済は、借入れ機関が長く、 借入れ総額が大きくなる住宅ローンなどでは返済条件の重要なポイントになります。 一部繰上返済には、「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2つがありますが、 このあたりは繰り上げ返済を視野に入れて教育ローンを利用するならば、 申込の際に確認したい項目です。


無理の無い返済計画の為に

どこかの金融機関のCMフレーズのような小見出しですが、 返済額や返済期間を精一杯頑張って返済計画を練る事は危険な面もあります。

もしも家族の誰かが病気をして治療費がたくさん必要になったら? 会社の業績が悪化してお父さんの稼ぎが悪化したら? 色々なリスクを考慮して返済計画を建てることは重要な事なのです。

実際に返済してみてもう少し多く返済できる。 という時の為に繰り上げ返済が存在するのです。 賢く教育ローンを利用するためには忘れがちな項目ですが、 繰り上げ返済に関する条件はきちんと確認したい項目です。

スポンサードリンク