top画像左
top右

保証料

教育ローン比較の注意項目の一つが保証人の要・不要です。教育ローンを比較する場合の注意項目で、保証機関を利用する際の注意点を解説しています。


保証料

保証会社の保証が受けられる方を契約条件としている金融機関もあります。 また、別途、保証料はいただきません。あるいは別途、保証料が必要になります。 と明記されているので必ず確認したい項目です。


スポンサードリンク


教育ローンの保証料

一般的に住宅ローンなどで借入額の総計が高額になる場合に注目される事の多い項目ですが、 教育ローンの場合にも保証料を必要とされるケースがあります。

教育ローンの比較をしている方はご存知かもしれませんが、 無担保で保証人を不要とする代わりに金融機関指定の保証会社による保証を受ける事が、 教育ローン利用の条件に組み込まれているケースも珍しくありません。

また、申込にあたり事務手数料が必要な金融機関もあるのでその点は注意が必要といえます。


教育ローン比較の際のポイントの一つが保証料

保証料は、金融機関系列の保証会社に融資を受ける際の保証をつけてもらうための手数料的な費用です。 教育ローンなどでは返済期間がある程度パターン化されており、 尚且つ限度額も数種類しかないために住宅ローンなどに比べると判りやすい体系になっているといえます。

なお、教育ローンが返済できなくなったとき、 保証会社が代位弁済するものの返済義務が消滅するわけではない事は理解しておくべき点です。 ローンの債務は保証機関が金融機関に対して代位弁済してはくれますが、 今度は保証会社に返済義務が残ります。


教育ローン市場の保証料

大手の検索エンジンで「 教育ローン 保証料 」 と調べるとたくさんの金融機関のホームページがヒットします。

当たり前の話ですが、 各金融機関とも慈善事業で教育ローンの資金を融資しているわけではありません。 かといって、 激化する教育ローン融資サービスで他者よりもたくさん利用してもらう事も重要な事です。

今後、信販系の金融機関も本格的に教育ローン市場に参入してくれば、 保証料制度そのものも根本的に見直される可能性も無いとはいえないかもしれません。

スポンサードリンク