top画像左
top右

変動金利

教育ローンを賢く比較するためには金利の仕組みを理解する事が重要です。教育ローンを比較する上で必要な金利の知識を記載していますので参考にして下さい。


変動金利

【金融用語】
一般的には長期的かつ金額が大きくなる住宅ローンなどで最もよく聞かれる金利の仕組みです。 もちろん教育ローンにも変動金利と固定金利のタイプが存在します。

教育ローンの比較の際には表面金利だけでなく、 申込むローンが変動金利か固定金利か確認する事は初歩的な事柄といえるかもしれません。

一般的には教育ローン(進学ローン)や学資ローンなどでは固定金利が割合的に多いといえます。 しかし、変動金利を採用しているサービスもありますので、 それぞれの利点と欠点を知っておくと損は無いかと思います。


スポンサードリンク


金利タイプと教育ローンの選ぶ知識

教育ローンに限らず住宅ローンなどでもローンを申込む際には、 利用するローンが固定金利か変動金利であるかを確認する必要があります。

それぞれの金利タイプの特徴とメリット・デメリットを説明します。


固定金利のメリット・デメリット

借入れ後に金利の変動に関係なく将来にわたり借入れ時の金利による返済額が確定されています。 借入時に返済期間全体の総返済額や返済計画がたて易い。という点が大きな利点です。

逆にデメリットは、 金利が安くなるような経済情勢になっても借入れ時の金利が決まっている為になんら恩赦を受けない事です。


変動金利のメリット・デメリット

金融情勢の変化に伴い返済の途中でも定期的に金利が変動するタイプです。 メリットは市場の金利が安ければそれだけ有利に借入れが行える点です。 住宅ローンに比べて教育ローンは借入れ期間も短く、 総額も少ない為に変動金利を選択する人も多いのも実情です。

例えば国の教育ローンは原則として金利の見直しは年ニ回行われます。 その他の大手の教育ローンの変動金利も年二回見直しが行われる場合が多いようです。

ここ数年は金利は安値安定の傾向が強いようですが、 過去には8.5%程まで上昇した事もあります。 つまり経済情勢は不確定要素も多く、 経済の専門家でも今後の動向を正確に見極める事は難しいと言えます。


今後金利は上がるのか?下がるのか?

金利の変動には経済情勢が大きくかかわりを持ちます。 それだけに未来的な金利の予測は可能かもしれませんが、 正確な金利の推移は経済専門家でも難しいと言えます。

例えば2009年のリーマンショックなどが典型的な例です。 多くの投資や投機的な商品に手を出した人はもちろん、 ウオール街などの金融関連企業でさえも大きな損失を出す結果となっています。

スポンサードリンク