社会人となっても勉強する必要性を感じる事は多々あります。そんな時に利用したいのが教育ローンです。

一覧をみる

社会人が申込める教育ローンを探すヒントとは?ヒントを一覧で記載。 …続きを読む

意気込みはどれくらい?

資格やスキルを取得する為に今後の計画を立てるヒントを提供しています。 …続きを読む

スポンサードリンク


社会人の使う教育ローンとは

社会人の使う教育ローンとは、 勉強や資格の取得・キャリアアップなどに使われる目的に融資されるローンの事です。 融資を申込む際には、明確な目的とその目的を実現するための強い意志が必要です。

社会人の教育ローン 新たに勉強の時間を捻出して、 勉強によって身につけた資格やスキルなどを進路に活かすと決意したならば、 生半可な気持ちでは失敗します。 もちろん経済的なリスクも大きくなる覚悟は必要です。

実際に資格を取得するにしてもそれなりの学費と時間が必要な場合も多く、 多くの社会人の方が教育ローンなどを利用して経済的な負担の軽減を行っているのです。

教育ローンの場合、 国でも民間でも「通学のため休職や退社して」 となると収入の見込みがなくなる為に対象になりにくいので注意したいところです。

どこの金融機関も慈善事業で融資を行っているのではなく、 しっかりと返済能力を審査されます。 だからこそ余計に事前の綿密な計画と強い意志が必要なのです。

社会人が申込める教育ローン

社会人が資格試験など受験のため学校などに通う場合は時間的な管理の面や、 費用の面で大きな負担になる事があります。

本業と新たな資格取得のための勉強を両立させる事が基本的な流れですが、 まずはどういった金融機関が社会人の為に進学ローンを取り扱っているか知る必要があります。

日本政策金融公庫 「教育ローンコールセンター」と検索すれば相談窓口が出てきます。融資の対象となる学校への進学を考えてるならば検討したい申込先です。
銀行などの金融機関 「生涯学習 教育ローン」と検索すればたくさん比較・検討できると思います。その他、「自己啓発 教育ローン」などと調べても数多くの金融機関がヒットします。
全国の各ろうきん 労働金庫(労金)でも自己啓発や生涯学習のためのローンの申込を受け付けています。「全国ろうきん一覧」で検索すれば一覧が探せます。ご自身のお住まい、勤務先のろうきんを確認してみる事が先決です。

このページのトップへ

どれくらいの金額が必要かで状況は変わります

会社を辞めて学校に入りなおしたい場合

会社を辞めて本格的に勉強に専念したいということになれば、 国からも民間からも融資を受ける事は難しくなります。 つまり申請資格の限定などによって退職後は本人としての申請ができなく場合がほとんどなのです。

このような場合は会社を辞める前に審査および融資の実行まで受けておくべき、 と言えそうです。しかし、返済の際にきちんとメドがなければ、 将来的に行き詰る可能性が高くなる為によくよく考えて行動する事が必要です。


キャリアアップや資格の為に勉強がしたい場合

「それほど高額の資金が必要ではないが、資格を取る為にまとまったお金が必要。」という人は、 国の給付制度の一つである「教育訓練給付制度」の利用を検討したりする方法もあります。

教育訓練給付制度とは

英会話やパソコン、簿記など約2万ある厚生労働省指定の講座を受けると、 入学金や受講料などの費用が還付されるという制度です。

その他にもフリーローンや、多目的ローンを利用して学費のやりくりを行う方法もありますが、 金利的には高くなる場合が多いのが現実です。

資格や勉強の成果で今後の自分の生活にどのようなメリットが出るか、 十分考えて返済などで困らないようにローンなどを利用する事が重要です。

このページのトップへ

生涯学習は人生の選択肢を広げる一つの手段

教育ローンを子供の進学時に利用する世帯の割合が多くなった現代で、 教育ローンに関しての皆さんの関心度もアップしています。 しかし、大人になってからでも教育ローンを利用する人は意外と少ないのです。 そもそも制度自体の存在を知らない場合も多いのが大きな要因の一つです。

英会話の学習や宅建などの資格、 公認会計士・税理士などの本格的な資格やMBA(経営学修士)の取得など、 個人の将来の計画によって様々な選択肢があります。

具体的に行動に出るのは、 どれだけ費用がかかるのか?・どれだけ期間が必要なのか? などをじっくり調べてからになります。 サラリーマン本人が働きながら学ぶとなれば、 相当な決心と明確な目標と金銭的な計画が必要で、 人生の転機になるぐらいの意気込みを持って行動しなければならないでしょう。

スポンサードリンク

このページのトップへ