便利なインターネットでの教育ローン比較・申込。ですが金融機関の窓口の対応も重要な借入れ先選びの基準です。

金融機関の窓口で

教育ローンを比較する上で窓口での説明などを受ける機会が多い人も多いはずです。

金融機関の窓口で対応してくれる人がしっかりとした知識を持っているかどうか確認していますか? …続きを読む

スポンサードリンク


金融機関の窓口も利用先の選択時の重要な判断材料

失敗しない教育ローン利用の為に

ウェブサイトで情報を探す事が主流になりつつある世の中で、 サービスや商品を申込む事以外にも情報を比較・検討する人が増えています。

つまり同じ条件、同じサービス内容ならば最終的に決める要素は申し込み先の担当者の誠意や熱意である、 という事も少なくありません。

金融機関の印象を意外と大きく左右するのが窓口応対してくれる係りの方の印象です。 大抵は、教育ローンの申込の際には「 金融窓口サービス技能検定 」 という資格を持ったテラーと呼ばれる方が、窓口応対してくれる事はずです。

テラーと呼ばれる方は金融機関の店頭事務処理から窓口応対、 セールスまで知識と技能を体系的持った方です。

とても頼りになる場合が多いのですが、 応対の印象や説明のわかりやすさなど各担当の方によって大きく異なる事もしばしばあります。 しかも、人と人が接する場面ではお互いの相性なども関係してくるから一概に、 「あそこの金融機関の窓口は応対が悪い。」 とは言えないのも事実です。

実際に教育ローンを利用した人の体験談でも、 「 窓口で説明してくれた方が非常に丁寧で親切だったから 」 と言うのが申し込み先決定の要素の一つになっているのです。

学資の為のローンの性質と申し込み時の注意点

教育ローンはその性格上、他の借入れなどとは申し込み時の状況など少し違ってきます。 子供さんの進路状況によって借入額が変更になったり、 合否の結果によっては学費そのものが不要になる可能性もあるからです。

一方で、合格が決まれば親としては喜びにひたっている暇もなく、 教育ローンを検討する必要があったりします。 だからこそ、多くの世帯の親御さんが事前に教育ローンを比較したりしているのです。

現状では各金融機関が取り扱う教育ローンはインターネットの受付を可能としています。 しかし最終的な本申込は最寄の店舗の窓口へ、というケースも少なくありません。

だからこそ金融機関の窓口での対応は重要です。 顧客ニーズがますます多様化するなかで、各種金融商品の特性と、 そのセールスポイントを、 的確にわかりやすく示す事が出来るかどうかが大きなポイントになるといえるでしょう。

逆に言えばわかりづらい説明や熱意の感じられない窓口では、 教育ローンを申込もうとは思わないでしょう。

金融窓口サービス技能検定とは

職業能力開発促進法に基づく技能検定の一つです。 「 労働者の有する技能を一定の基準によって検定し、これを公証する技能の国家検定制度 」で、 労働者の一定の技能と地位の向上を図ることが目的の資格の一つです。

技能検定に合格した方には、国家資格である「技能士」の称号が付与されます。 ですからはっきりと窓口で対応してくれる人の知識の水準を確認する場合には、 この点を注意してみることも良いかもしれません。

最終的には人と人のつながりが重要

同じ条件、同じサービス内容ならば最終的に決める要素は申し込み先の担当者の誠意や熱意である、 という事も少なくありません。

教育ローンをじっくり比較できる時間がある人ならば、 まずは各金融機関の条件をゆっくりと確認する事がベストです。 その上で自分自身に最適な教育ローンの条件を見極める事が必要です。

スポンサードリンク

このページのトップへ