奨学金は借金があったり年収が多かったりしたらダメ?あきらめる前に、まずは情報収集してみて下さい。

どんな人が奨学金を受けられないの?

借金が多くてもOK?

親が多重債務状態や自己破産をしていて保証人になれない。どうすればいい? …続きを読む

年収はどれ位迄OK?

世帯の年収がどれくらいまで奨学金の審査が通るの?ウチはいけるの? …続きを読む

多くの世帯で割りと誰でも利用されるとされている国の教育ローンや、 日本学生支援機構の奨学金の利用ができない人も中にはいらっしゃいます。

どのような状況でそういった事が起こるのかを少し見てみましょう。 ざっと目を通して、あまり該当する事が無ければ問題は無い事ばかりだと思います。

色々な教育ローンを比較してじっくり検討されている人ならば、 すでに奨学金に関して情報収集は済んでいる方がほとんどであると思います。


奨学金の中でも日本学生支援機構に関しては日本で最も利用者の多い奨学金制度という事で、 多くの人が利用を検討しているからです。

無利子の「第一種奨学金」、利子の付く「第二種奨学金」があり、 当然条件の良い無利子の奨学金の借入れ条件は厳しくなっています。

奨学金に関しての情報は他でも沢山詳しく出ていますので、 ここでは奨学金が借りられなかった場合についてなどを見ていくことにしましょう。

親の借金が原因で奨学金は借りられないの?

預貯金や事前の蓄えで入学金や授業料などのメドが付いていた人で、 その後の学費の負担を軽減させる為に奨学金を申込む人も沢山います。

逆に学費の工面がはじめから苦しい状況で精一杯の人もいます。

日本政策金融公庫をはじめとする各金融機関が取り扱っている教育ローンに融資を申込むにしても、 返済能力がきちんとあるかどうかは審査されます。

では奨学金も親御さんの返済能力に問題があったり、 借金などの借入れの状況によって利用の可否に影響があるのでしょうか?

スポンサードリンク


保証が受けられれば奨学金は利用可能

教育ローンは親御さんが借入れを行い、親御さんが返済をする借入れの契約です。 しかし、奨学金は子どもさんが借りて子どもさんが返済します。 だから返済は在学中からではなく卒業後からになっているのです。

保証人の有無は奨学金の申し込みの可否に大きく左右する要素の一つです。 通常、親が自分の子供の奨学金の保証人になる事がほとんどですが、 何らかの事情で親が保証人になれないケースもあります。

例えば、親の返済能力や借金などで多重債務や自己破産という状況などがその典型です。 親類の誰かが保証人になってくれればいいのですが、 お金が絡むことなので色々と大変な面もあります。

保証人が見つからない場合は

日本学生支援機構の奨学金を利用の際に、 どうしても保証人になってくれる人がいないという人は、 機関保証制度 というのが存在しますのであきらめずに詳細を確認してみましょう。

この保証機関は、一定の保証料を日本国際教育支援協会(保証機関)に支払うことで、 日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けることができる制度を取り扱っている機関です。

(財)日本国際教育支援協会という法人がその運営元です。

機関保証制度を利用する場合の保証料の支払いは、 原則として毎月の奨学金から差し引く方法になります。 つまり、振り込みに行く手間や手数料をかけずに保証料を支払うことができる制度になっています。

このページのトップへ

世帯の年収が少なくても奨学金は借りられない?

奨学金は、奨学金申込者の人物・学力・家計等 について基準に照らして選考し採用するというのが根底にあります。 奨学生の採用は予算の範囲内で行われますので、 基準内なら必ず採用されるとの約束はないのです。

各学校が扱う奨学金の中には家計の収入要件の基準が明確に示されていない場合もあります。 これは基準内なら必ず採用される訳ではないという事を暗に示しているとも取れます。

だから年収が少ない世帯の子どもさんほど奨学金を受けやすいということになりますが、 募集の状況によっては希望に添わない結果になる事もあるのです。

奨学金の申込み・利用時の注意点

色々と学費の工面を考えている親御さんならばすでにご存知かもしれませんが、 原則、奨学金は合格前や入学前には支給されません。

日本政策金融公庫をはじめとする各金融機関が取り扱っている教育ローンは、 当然入学時期にあわせてまとまった金額を融資してもらうことも可能です。

だからこそ、多く世帯の方が両方の内容を検討したり、 まとまった資金の融資を当て込んで進学ローンを比較しているのです。

このページのトップへ

奨学金の詳細は最終的に自分で確認する事が一番

各学校が独自に設定する奨学金は種類がたくさんあり、その趣旨も様々です。 基本的には、『 進学意欲はあるのに家計が苦しい学生さんや、経済的に資金が足りない学生さんに対して、 等しく教育を受ける力添え 』という考え方が根底にあると考えられます。

しかし、融資の基準や審査の方法などは学校によってばらつきがあるのが現状です。 募集の制限が存在したり、優先順位がある事も少なくなく、 すべての人が希望通りの結果になる事はまずありません。

場合によっては成績も利用の可否の要素になる事もあります。 そういった奨学金の利用を検討する場合は、 保護者の方が直接問い合わせしたり子供さん自身が自分の学校で確認してもらう事が一番確実です。

スポンサードリンク

このページのトップへ