教育ローン利用前に確認したい基本事項の一つが返済関連です。賢く利用する為にもしっかり理解しておきたいものです。

教育ローンの基本知識を収集

教育ローン利用世帯の不安要素 教育ローンの限度額などはだいたいわかった。 という方が次に考えるステップは?というと大体が借りた後の返済の事です。

国の一般教育貸付の限度額は300万円。 JA(農協)では500万円。など・・・。

その他、民間の金融機関も、 これに準ずる形で貸し出し条件や上限額を設定しているのは周知の事実です。

借りるのは借りたけれども・・・。 という事で、 教育ローンを利用している世帯の約半数以上がその返済に関して何らかの不安を感じているのです。

完済の事まで考えて利用するのが家計を預かる人の役目?

それなりの人生を歩んできて、人生の甘さも辛さも味わってきている大人に取って、 物事の表と裏を考える事ぐらいは自然にできるものかもしれません。

つまり借りたお金を返す事を考える事は大人の役目、親の役目なのです。 在学期間中の元金の返済据置き、返済開始後の金額、 金利など具体的に計画を練る上では知らねばならない事は結構多いものです。

では、それぞれの返済形式や返済の種類、方法などはどのように見たらいいのか? あるいは、そもそも「何とか返済方式」という言葉がいまいちよく解らない、 という方も中にはいらっしゃるのかもしれません。

まずはそういった教育ローンの基本的な返済の種類から理解していきましょう。 そして、教育ローンの比較・検討の際に活かせる様にしたいものです。

家計の状況と将来を見越して選ぶ 教育ローン▼「返済方式の種類」

国の教育一般貸付をはじめとしてJA、銀行、信用金庫、信用組合ともに、 毎月元利均等返済または元利均等ボーナス併用返済を採用している事が現状です。


元利均等返済とは?

ご存知の方がほとんどだと思いますが、 一応、簡単に解説をします。

元利均等返済とは毎月の返済が一定の返済方法です。

教育ローンの場合の融資においては、 ほぼ元利均等返済を採用していると考えて問題はないと思います。

在学期間内は利息のみの返済も可能の場合も多く、 ボーナス月の返済額の増額も可能な場合が多いのが一般的です。

スポンサードリンク


多くの教育ローンを取り扱う金融機関が採用する元利均等返済ですが、 子供さんが複数いらっしゃる世帯の将来的な負担は相当なモノです。

在学期間中は元金の返済を据置くことができる事を最大限に利用して、 何とか将来的な返済に備えたい、 という目論見があったとしてもなかなか計画通りに行かないことも多いのが現状かもしれません。

教育ローン利用時の各世帯の不安とは

目先の学費の工面が何とかできたはいいけれども、今後の家計のやりくりに不安が残る。 こういった事は多くの世帯で懸念される要素です。

なぜならば、終身雇用が崩壊しつつある日本では、 将来定年まで確実に同じ職場で働ける保証がなくなっているからです。

「実力主義」、「成果主義」というカッコいい言葉で彩られている企業の経営戦略。 実はこういった言葉の裏では、 競争主義・成果の出ない社員は不要・支払う賃金に見合う仕事をしない社員は要らない、 という強烈なメッセージが込められているのです。

景気が良い時は目立った不都合は感じられなくとも、 経済情勢は今後もどうなるか誰にもわかりません。

だからこそ、家計を預かる方の考えでは不安が払拭できない点があるのです。 しかし、不安に駆られていてばかりでは前に進みません。 現実に子供は大きくなりそれぞれの進路に向かって進むのです。

不安に考えたらキリが無い事を抑えつつ、 それでも少しでも有利に融資を受けて、無理なく返済する方法を選択したいものなのです。

当サイトで、 少しでも有利に教育ローンの比較の知識習得と選択手段の発見のお役に立ててください。

スポンサードリンク

このページのトップへ