融資申込の一般的な資格の確認

学費の工面を考える上で、様々な融資を検討する事は世知辛い世の中では当然の選択です。

色々と学費ローンなどを比較していると、湧いて来る疑問が幾つかあります。 こういった疑問はそれぞれの融資先の公式サイトを見れば、ほとんどが解決する疑問です。

しかし、中には時間がない、手間がかかるのは御免だ、という人もいらっしゃるかと思います。

時間のない人や、効率よく色々な情報を収集したい方の為に、 基本的な教育ローンの申込み関連の情報をまとめてみました。

申込に必要な書類は?

一般的な教育ローンの申込に必要な書類をご存知ですか?

いざという時に慌て無いようにする為に。 …続きを読む

申込の留意事項とは?

具体的な金利を知るには?私の世帯でも審査に通るか心配。

その他、審査期間はどれくらいなのかなど…。 一般的な教育ローン利用の際の注意点を確認。 …続きを読む



スポンサードリンク


一般的な教育ローンの申込に必要な書類

教育ローンを比較する前に、まずは申込に必要な書類を確認してみましょう。

申込時の必要書類や融資資格 (※あくまで一般的なものです)


申し込みの年齢に関して 契約者が満20歳以上で、完済時に満71歳未満であること。
勤続年数に関して 契約者の勤続年数が3年以上。前年度の年収が150〜200万円以上であること。
所得関連の書類 申込時に必ずと言って必要なのが「収入について公的な証明書」です。これが無いと申込自体不可な場合が多いのです。
本人確認書類 運転免許証・パスポートなど。その他、親子の関係が確認できる書類(健康保険証、住民票謄本、戸籍謄本など)。いずれか一点ずつという指定がある場合がほとんどです。
進学関連の書類 資金使途確認書類として学校宛て納付書やパンフレットなど。その他、在学証明書や合格通知書も必要な場合が多いようです。

こうして見ると、一般的にローンなどで融資を受ける場合とほとんど変わりません。 しかし教育ローンという性質上、使途や子供さんの進学が証明できる書類などが必ず必要である場合が多いのです。

ここで説明させて頂いている「融資申込みに必要な書類」はあくまで一般的な教育ローンの説明です。 実際には必ず公式ホームページなどを確認して詳細を判断してみる必要があります。

このページのトップへ


一般的な教育ローン利用時の注意点

子供さんが高校や大学に進学する世帯の多くは、 住宅ローンなどの返済を抱える事も多いのが実情です。 つまり家計には余裕がありません。

それゆえに、 学費が必要な世帯の多くで子供の進学の為に、預貯金や蓄えなどの準備が出来ていないのです。 蓄えがないとなると学費は借り入れに頼らざるを得ません。 その場合、融資申込みの金額は、 大学の学費や授業料などで、かなりまとまった金額になります。


代表的な申込先別 ・金利の目安

教育ローンに限らず一般的な融資の話ですが、審査が早いものは金利が高い場合も多いのです。 ゆとりを持って借入先の比較・検討が出来るように、 各申込先の審査期間と金利などの予備知識があったほうが有利です。

代表的な申込先別 ・金利の目安(あくまで参考値です)


国の教育ローン ※現在更新中です。
もうしばらくお待ちください。
労金などの教育ローン ※現在更新中です。
もうしばらくお待ちください。
信金などの教育ローン ※現在更新中です。
もうしばらくお待ちください。
銀行などの教育ローン ※現在更新中です。
もうしばらくお待ちください。

上記の借り入れで、特に民間の金融機関からの借り入れに関しては、 各金融機関の間で金利などの条件の幅が広いので注意が必要です。

※あくまで上記は参考的な基本条件です。
期間限定申込キャンペーンなどで条件が優遇される事もありますので、 最終的には公式サイトで必ず確認することが必要です。

このページのトップへ


その他の融資申込時に確認する項目

一部の金融機関は低金利を前面に打ち出し、 申込者の目を引くように宣伝している場合もあります。

その場合、良い点ばかりが強調される事も少なくありません。 保証料や手数料を別建にして低金利に見せるなどがその例の一つです。 色々と借入先のサービスを見比べる余裕を持つ事が重要です。

教育ローンや進学ローンは無担保で保証人を不要とする代わりに、 金融機関指定の保証会社による保証が必要になる場合がほとんどで、 申込みにあたっては事務手数料が必要な機関もあります。

一般的に教育ローンや進学ローンは原則として貸付対象は、給与所得者である保護者です。 この点が奨学金と決定的に違うところです。 奨学金の場合、多くは「本人が借り入れして本人が返す」という事が原則となります。

簡潔にまとめると、 融資の申込で必要とされる書類は、保護者の本人確認書類、 保護者の所得証明書類、家族関係証明書類、学生の入学あるいは在籍証明書類、 取引上使用している印鑑などです。

これらは申し込む先の金融機関により異なりますので、 最終的には各窓口で確認する事も忘れない様にして下さい。

「我が家の収入できちんと返済できるか心配」という人は

子供が生まれた時点で大学などの授業料や入学金、それ以前に受験費用などは、 後何年後に必要になってくるか?という事は計算できます。

旦那さんの給料が順調に増えれば、 子供の将来の為に教育費用の預貯金などをしておく事が賢明です。

しかし、現実には毎月の家計のやりくりで精一杯な世帯が多いのも事実です。

「子供の成長に合わせて広い家に引越しをした。」
「家族が増えた時にワンボックスカーなどを購入した。」
「偏差値の高い大学に入学させる為に、塾や家庭教師にお世話になっている。」

などで子供の成長と共に色んな出費がかさんできたり、 様々なローンの返済を抱える事が多くなるのです。

「有利な条件の教育ローンを比較したい。」という目的で色々な情報を探している人もいれば、 「我が家の収入できちんと最後まで完済できるかどうか検討したい。」 という目的で様々な情報を探している人もいます。

出来る事ならば、土壇場で慌てて行動する事の無い様に、 余裕を持って計画を建て、予備知識を収集してください。

スポンサードリンク

このページのトップへ