ローンで損をする人の考え方は、自分自身の世帯の現状が見えていないことに起因する事が実は多いのです。

預貯金が尽きて学費を借りるリスク

ローンの性質を考える

最終的に融資を受けたお金を完済するまでのトータルで損をしない考え方とは? …続きを読む

返済の負担と返済期間

月当たりの返済額や、支払い期間などの間違った考えから起こるリスクとは? …続きを読む

子供の元気に成長すると、生活費や学費が増加します。

多くの世帯では、子供の成長とともに上昇する学費や教育費を見込んで貯蓄を残したりします。 これが将来を見据えた家計のやりくりと言えます。

しかし、日常の生活の収入では十分な蓄えが出来ない事も往々にしてあります。 そうなると貯蓄が尽きてしまうことになります。

教育ローンを比較したり、 奨学金を借りる手段を検討している人の多くがまさにその状況といえます。

学費を金融機関などから借りるという事ですが、 いくらでも借りられるものでもありません。


教育ローンの利用で考えられるリスクとは?

まずはローンの性質を考える

ローンは表面金利、保証料、繰上げ返済手数料などいろんな費用が発生します。

これは進学ローンなどで学費の為にお金を借入れする場合でも同じです。

基本的にローンの取扱機関は銀行、信用金庫、信用組合、JA、ろうきん、 そして日本政策金融公庫などです。

これだけ教育費の融資に関するローンを取り扱っている期間が多いのは、 それだけ需要があることの裏返しです。

スポンサードリンク


それだけ、融資を行う側つまり貸し手側も競争が激しく、 少しでも多くの利用客をつかみたいとあの手この手を使っているのです。

実質的にお得なキャンペーンなどばかりであれば問題ないのですが、 中には見せ方や説明の方法で有利さを出しているだけの場合もあるのです。 ですから、住宅ローンなどと同じように、 教育ローンも安易に融資先を決めない事が賢い選択の第一歩です。

ローンで損をしない為のその一

最終的に融資を受けたお金を完済するまでの事を全部ひっくるめて、 有利・不利検討する考えを持ちたいものです。 トータルで考慮して結局は「後でしまった!」とならないようにする為です。

キャンペーンや宣伝文句につられて表面的に安いローンに手を出してしまうのも考え物です。 実際に、 頭では分かっているつもりでも切羽詰っていたりすると意外とそういう事はあるものなのです。

このページのトップへ

返済の負担と返済期間から考えるリスクとは?

国民金融公庫などの政府系金融機関をはじめ、 大手都銀や地方銀行などの民間銀行も教育ローンを取り扱っています。

教育費用捻出の内訳 実に多くの金融機関が教育関連の資金の融資を行っています。 子供さんのいる家庭ならば大抵利用しているか、 利用を検討したことがあると言って良いほどかもしれません。

右の資料は「住宅ローン」と「進学ローン」を併用している家庭の数値をグラフ化したものです。
(日本政策金融公庫アンケート資料より引用)

ご覧になられて分かるとおり、 住宅ローンと進学ローンを両方抱える世帯が半数以上を占めているのです。

収入が一定であると仮定するならば、 教育ローンも長期の借入金となり、返済期間の間は支出が増加して負担が増えるのです。

そこに来て、 金利が変動制であれば、金利の変動リスクが発生します。 毎月の返済負担を懸念して、 月当たりの返済額を減らせば支払い期間が長くなり支払い総額が増加するリスクも発生するのです。

ローンで損をしない為のその二

住宅ローンなどを抱える世帯では、 毎月の返済額と支払い期間には特に注意したいものです。 十分に計画を立てたつもりでも、 支払い総額ではずいぶん損をしている(損をする)可能性があるからです。

ただ、世帯主の収入やパート勤めの奥さんの収入が変動する可能性もある為に、 ゆとりのある返済金額の計画や返済期間を考える事も必要です。

そういった賢い見極めが出来るかどうかも、 「ローンの利用で損をしない事」につながると言えるでしょう。

このページのトップへ

子供の教育費は投資でもリスクでも無い

教育費というのは、保険や老後の備えなどとは少し意味合いが異なります。 ある種、若い人間のこれからの将来の可能性に対する希望的出費の意味合いが強いと言えます。

学歴社会の中を生きてきた経験で、 子供には少しでも有利な学歴を残して欲しいと考えている親御さんも多いと思います。

ただ、家計的な側面から見れば大きな出費となる事は確かですし、 資金が足りなければローンなどの融資を受けなければなりません。 そういった意味では支出の要素の一つです。

注意して欲しいのが、支出といっても進学の為に学費を借りるローンは、 快適な居住空間の確保を満たす為の賃貸料や持ち家の住宅ローンなどと比較したり、 一緒にひとまとめにして考える事はできません。

だからこそ難しい問題とも言えます。 さらに、親子関係は愛情を抜きにして話をすることは難しく、 少々の頑張りを要する場合でも親御さん達は無理をすることも多いのです。

ローンで損をしない為には、色々な意味で、あくまで余裕を持って、 冷静に情報を分析する思考を働かせる事が根本的な考え方と言えるでしょう。

スポンサードリンク

このページのトップへ