教育ローン選びで低金利な借入先を比較検討することは間違ってはいません。しかしそれだけで本当に大丈夫ですか?

民間(銀行など)の教育ローンはどこが低金利?

低金利な民間の教育ローンの比較の方法は幾つか存在しますが、 多くの人が手軽に情報収集可能で安心な方法を紹介したいと思います。

JA 教育ローンについて

JAの教育ローンについて情報をお探しの方は、 当サイト別ページで詳しく解説しおります。

大変有益な情報を提供しているつもりですので、 参考程度にJA 教育ローンについて のページもご覧ください。

スポンサードリンク


地域別に低金利な教育ローン情報が収集できるランキングサイト


上手に活用したいのランキングサイト

個人の方が進学ローンの情報を手広く、すばやく収集するにはかなりの知識と労力が必要です。 しかも各金融機関が取り扱う教育ローンをいちいち調べて資料を取り寄せたりするのも、 時間が限られている人にとっては不都合が多いと感じるものです。

そんな時に活用したいのランキングサイトです。
「 教育ローン金利最新ランキング 」などと検索ボックスに入力すれば、 色々なランキングサイトが確認できると思います。

教育ローンの低金利ランキングサイトなどでは、 1.5%前後から3.5%前後の金利で学費の融資を行う金融機関もラインナップされています。

民間の金融機関から進学の為の学費を借入れする際に重視すべき要素の一つが金利です。 しかし、金利のパーセンテージだけを見比べる事はナンセンスだと言う事は理解しておいて下さい。

当サイト教育ローン比較のポイント でも解説させていただいている通り、 金利タイプによって金利や返済額の見直しルールが異なってきます。 経済情勢によってはトータルで損をする可能性もありますのこの点は注意したい所です。

多くの人が目星を付けるのはほとんど同じ?

色々と学費に関する融資の申込について調べている人ならば目新しい情報は無いかも知れません。 鋭い人はピンときたかもしれませんが、 実は多くの人が比較・検討の対象にする教育ローンは絞られてくるのです。

例えば「 教育ローン金利最新ランキング 」 などで検索結果に出てくるサイトでは、ほとんどが同じような金融機関が上位に来ています。

低金利を前面に打ち出している金融機関は限られているのが現実です。 しかも地域的な問題で、 誰もが融資を申し込むことが出来ない事もあるのです。

ですから、「 教育ローン 金利ランキング 」サイトなどの類で情報収集する場合は、 地域別に絞り込み出来て、なおかつ使い勝手が良いサイトを選択して利用するようにしたいものです。

大手銀行で賢く融資を受ける

地域的な制限も少ない点が有利な大手金融機関

現在、ご自身の家計のメインバンクが大手でしかも住宅ローンなどを利用しているのであれば、 金利優遇などの有利な条件が引き出せる可能性もあります。 あるいは、 住宅ローンなどの利用がない方でも取引頻度の高い大手の銀行などから見ていくといいでしょう。

大手銀行であれば、「東京三菱UFJ銀行教育ローン」や、「みずほ銀行教育ローン」、 「りそな銀行教育ローン」、「三井住友銀行教育ローン」などが有名なところでしょう。

東京三菱UFJ銀行
教育ローン
インターネットから申込み可
大手行で安心のローンネットDE教育ローン
最長10年・500万円まで  (公式サイト)
みずほ銀行教育ローン 変動タイプ 3.475%
固定タイプ 4.800%
最長10年・300万円まで  ▼公式サイト
りそな銀行教育ローン 変動タイプ 4.475%
キャンペーン金利などあり
最長10年・500万円まで  ▼公式サイト
三井住友銀行教育ローン 変動タイプ 3.475%(無担保型)
変動タイプ 2.975%(有担保型)
最長10年・300万円まで
※有担保型は3000万円まで  ▼公式サイト

※それぞれの金利やその他の条件などは、必ず公式サイトでご確認ください。


一般的に銀行が取り扱う教育ローンをの条件は、返済期間10年、 在学中は利息のみ返済でもOKという条件となっている場合が多いようです。

こういった条件面に関しては国の教育ローンをほぼ同じに設定されていると言えます。 融資限度額は300万円〜500万円としているところが多く、 金利は固定金利か変動金利タイプのラインナップが設定されている場合が多い状況です。

金利は年3.475%〜4.8%前後と国の教育ローンよりもやや高めですが、 総合口座などの取引状況に応じて金利を優遇しているところもあります。

ピックアップ情報

三菱東京UFJ銀行のネットDEローン!


ネットDE教育ローン
≪ネットDEローンの特徴≫
大手行で安心のローン
最大借入額500万円
保証人不要
入学金や授業料を対象としたローン。既にお支払済の場合でも、2ヵ月以内であればお申し込みいただけます。
ネットDE教育ローン

※それぞれの金利やその他の条件などは、必ず公式サイトでご確認ください。


総合的に見れば一要素だけを比較するのは危険?

当サイトのような比較・検討サイトで情報収集をされている方の多くは、 すでに色々な情報を収集しておられるのではないかと思います。 そして総合的な条件を吟味できる知識を持っていらっしゃる方も多いかもしれません。

たくさんのローン比較・ランキングサイトや口コミサイトで情報が収集した結果で、 じっくり借入先を検討している場合は別として、 時間が無い方は特に借入先の選択に焦りは禁物です。

当サイト別ページのコンテンツである ローンで損をしない為の知識 内でも解説させていただいている通り、 きちんとローン利用時のリスクなどを考慮して慎重に借入先を選ぶ事は、 賢い教育ローン比較・検討の大前提です。

つまり、進学ローンに限らず金融機関などからお金を借りる、 という事に関して金利などの一側面にとらわれてはいけないという事です。

例えば、ローンは表面金利、保証料、繰上げ返済手数料などいろんな費用が発生します。 表面金利が安いからといってトータル的な返済条件や融資条件を考えず、 いざ繰り上げ返済を行う事を検討してみると意外と手数料が高かったり、 保証料で余計に費用が発生したりする場合などもあるのです。

▼原則来店不要でお申込頂ける、三菱東京UFJ銀行のネットDEローン!

≪ネットDEローンの特徴≫
大手行で安心のローン
最大借入額500万円
保証人不要

入学金や授業料を対象としたローン。既にお支払済の場合でも、2ヵ月以内であればお申し込みいただけます。

【詳細を見る】 ネットDE教育ローン


このページのトップへ