教育ローンを利用しようと考えるならば最大融資額に関しての情報も収集しておきたい所です。

一般的な最大融資額を見てみる

一般的な教育ローンの最大融資額まとめてみると下の表のようになるかと思います。

借入先の種類 返済方式 最大融資額

(日本政策金融公庫)
毎月元利均等返済 300万円以内
JA(農協) 毎月元利均等返済 500万円以内
銀行 元利均等返済が多い 300万円〜
   500万円の所が多い
信用金庫 元利均等返済が多い 500万円以内の所がほとんど
信用組合 元利均等返済が多い 500万円以内の所がほとんど

    ※上記はいずれも無担保型の進学ローンの一般的数値です。


融資額以外の注意点

教育ローンを利用する際に最大融資額以外の注意点と確認事項とは? …続きを読む

スポンサードリンク


各金融機関とも最大融資額はそれ程変わらず

教育ローンはその性質上、きちんとした家計管理をしている世帯が多く利用するローンです。 借入れを希望する世帯数・つまり需要自体も多く、 各金融機関とも利用者を少しでも多く取り入れたいという背景があります。

銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫など、 もちろん国、JAなどでも教育ローンの取り扱いはあります。

各金融機関とも突出して良い条件も少ない代わりに、 逆に遜色のある条件のところも少ないのが現実的な状況です。


最大融資額にこだわる人は

大学に進学する場合、学部などによっては二千万から三千万円の金額が必要になる事もあります。

場合によってはそれ以上に高額の学費が必要になる事もあり、 そういった場合には担保が必要ない「無担保ローン」ではなく、 有担保の教育ローンの利用を検討する必要が出てきたりします。

有担保の場合、担保がない場合進学ローンに比較して低金利で借りられ、 融資限度額も大きくなります。

最大融資額以外の教育ローンを利用する際の注意点と確認事項

教育ローンは住宅ローンなどと比べて借入れ期間も短く、借入れ総額も少ない場合が多いです。 それでもきちんと有利な借入れ方法を比較・検討することで 返済総額が少なくなる可能性が十分あります。

だからこそ、多くの方が教育ローンの比較を行う背景の一つなっているのです。 例えば、借入金融機関との取引状況やカードの申込、給与振込み指定などによって、 金利の優遇が存在するのです。

融資限度額、最長返済期間などは金融機関によって異なりますが、 申し込み世帯の条件は同じような条件が並ぶ事が多いです。

年収が一定額以上、団体信用生命保険に加入できる人などがその代表例です。


金利タイプでも条件は違います

金利タイプは、変動金利、固定金利から選択できるようになっている場合が多く、 選択した金利タイプによって条件が違う事も教育ローンを利用する上での注意点の一つです。

金利タイプに関しては、 当サイト別ページ「 教育ローン比較のポイント 」 で、もう少し詳しく解説しております。


このページのトップへ

最大融資額で教育ローンを検討する前に考える事

教育ローンは、「きちんと返済出来る」 という事が大前提の借入れ申込の契約を金融機関と交わすものです。 誰もが必ず融資が受けられるとは限りません。

耳の痛い話かもしれませんが、 自由宅ローンなどを申し込んだ経験のある方ならご理解されていることでしょう。

第一希望の金融機関から「申し訳ありませんが今回はご希望に添えかねます。」 という返答をもらっても、落ち込む暇も無く第二希望の金融機関に申し込む。 こんなことは日常茶飯事に起こり得る事なのです。

国の教育ローンも慈善事業ではなく、きちんとした審査を受けてから契約、 融資実行というプロセスが存在します。 もちろん、審査結果によっては、希望に添えない場合もある事は現実として起こりえる事です。

すべての人が不安要素を払拭して、出来る限り希望の融資受けたいと考える事は自然な事です。 出来る限り時間に余裕を持って、借入先の比較検討には時間を掛けれるように準備したいものです

スポンサードリンク

このページのトップへ