学資保険と教育ローンについての考え方を解説しています。これからの教育ローン選びの参考にして下さい。

学資保険と教育ローンどちらが有利か?

出来れば少しでも備えたておきたい教育費

学資保険の金利が有利か、教育ローンの金利がお得か。

結論から言えば両者を比べる事はナンセンスです。 つまり、必要に応じてどちらも利用できる状態に準備しておく事が望ましいと言えます。

教育ローンはお金を借りて学費をやりくりする方法です。 当然、借りたお金は利息を付けて返済する必要があります。

では進学ローンなどを利用する人が、 学資保険などで一生懸命長い期間準備してきた人に比べて大幅に不利なのでしょうか? 少し見ていきましょう。


スポンサードリンク


学資保険と教育ローンの性質を考える

学資保険のメリットとデメリット

学資保険の最大のメリットは自分自身の積み立てたお金が、 学費の必要な時期に利用できるという点です。

それこそ子供さんが幼い乳幼児の頃から積み立てていれば、 毎月負担の少ない金額で将来学費が必要な時の為のお金が貯められます。

それにプラスして、保険という名前が付く通り、 親御さんや子供さんに万一のことがあった際の死亡保障や医療保障などが付帯されます。 ご自身のライフプランや収入状況などから判断して、 加入していれば安心な面も多いものです。


逆にデメリットを見ていきましょう。 限られた資金の運用方法として選ばれる満期型保険は、学費の資金準備でもおなじみです。

しかし、低い利回り・破綻のリスク・元本割れなどのリスクを含んでいる事も忘れてはいけない項目です。

つまり、保障内容の充実した保険をチョイスすれば、 育英年金、子供の医療費、死亡給付金などの保障が付いています。 しかし、その反面元本割れなどが発生するという事が出てくるのです。


学資保険と教育ローンを数字で比べてみる

学資保険を検討されている方ならば、 子供さんが生まれてきてからすぐに検討する事が一つの良いタイミングです。 なぜならば、学費が必要な時期までの期間が出来る限り長くなり、 その分毎月の負担額が少なくても十分な備えをする事が可能になるからです。

では今さらながら、 そういった子供のための将来的な学資の貯蓄を行ってこなかった方は、 教育ローンや奨学金を借りる他は選択肢がないのか?という事になりますが、 現実的にはYESという事になるでしょう。

とはいうものの見方を変えれば、 教育費を積み立ててきた運用資金は金利的にそれ程有利でないとも考える事が出来ます。


学資保険と教育ローンのシュミレーションを比較

少々大雑把ですが、 下の表で学資保険もしくは教育ローンで200万円の学費を調達した時のシュミレーションをしてみましょう。

学資保険と教育ローン

やはり地道に教育費の為に準備してきた場合は金額的にお得です。 学資保険の場合は約182万円程の投資で200万円の学費が調達できる計算になります。

一方、教育ローンを利用した場合のシュミレーションでは、 200万円の学費を調達する為に約228万円の支払いが生じます。 差額は実に約45〜46万円です。

「 じゃあ早速、学資保険に加入しよう。 」という方もいるかもしれませんが、 ちょっと良く考えてみましょう。

収入の幾らかを貯蓄に回せる余裕のある世帯ならば問題は無いかもしれませんが、 家計のやりくりに余裕がない世帯の方もいらっしゃいます。 しかも、そんな方のほとんどは住宅ローンを抱えていたりします。

確かに学資保険で教育費を準備する方法と、 教育ローンでお金を借りる選択肢を選ぶのでは大きな金額の開きがあります。 しかし、それぞの家計ではそれぞれの将来設計があります。

例えば、収入の多くを住宅ローンの繰上げ返済の為にまわして返済期間を短くしなければ、 旦那さんの定年後もローンが残ってしまうなどの事情もあったりします。 子供さんの保障の面は共済などの月数千円程度の保険に加入しておくなどの選択肢もあります。

以上のことをまとめると、 一番の理想はやはり学資保険などで、学費が多額に必要な時期の為に備えをしておき、 なおかつそれでも足りない分を奨学金や教育ローンで補う、という事になりそうです。

将来設計と日常生活のバランス

年収の増加が一方的に期待できない現代の雇用環境では将来設計は難しくなっていると言えます。 学費の備えを重視し過ぎれば日常生活は金銭的に寂しさを感じてしまうでしょうし、 余暇や趣味も満喫できません。

マイホームの夢も捨てがたいし、新しい自動車も欲しい。 自分達の老後の事も考えると、とてもおいそれと出費はできない。

一番の理想は学資保険などで無理なく積み立てを行い、 住宅ローンも無理なくローンを組んで、車などの耐久消費財は出来る限り大切に長く使用する。

自分達の老後は、 子供さんが最終的に学校を卒業した時点から貯め始めて、 働き出した子供さんからも家計に幾らか入れてもらう事で何とかする。 すこし面白みが無いかもしれませんが、これが一般的なライフプランではないでしょうか?

もちろん自分達の老後の設計をよりよくする為に個人年金や、 保障内容の良い保険に加入しておく。などと各世帯にあわせた計画があると思います。

近い将来の為に一時は我慢をして頑張って節約できても、 それがずっと続く生活は寂しいものです。 出来れば多くの世帯の方が、充実した生活を送って欲しいものです。

スポンサードリンク

このページのトップへ