子供さんの進学に関しては親子の密なコミュニケーションが不可欠です。そんな一例を紹介しています。

受験時期を乗り切る為に

合格を勝ち取る為には親子のコミュニケーションも必要

受験時期は学生さん自身は大変ですが、学費の準備を進める親御さんも大変な時期です。 勉強の事については口を挟まない方もいらっしゃるかもしれませんが、 子供さんとの適度なコミュニケーションは欠かさないようにしたいものです。

その上で保護者としてもきちんと情報収集の行動を起こす意識も持たなければなりません。 例えば、大学受験などの場合では進路によっては学費が多額に必要な場合も出てくるからです。

初年度納付金

 ・国公立(理系・文系):約83万円
 ・私立文系:約120万円
 ・私立理系:約160〜180万円
 ・私立医・歯学部系:約900万円

参考程度に各大学の一般的な入学年度に必要な納付金額を記載させていただきます。

もちろん学校が遠方の場合などは、 これにプラスして自宅外通学の諸費用などが必要となります。

スポンサードリンク


伝えにくい事でもきちんと話しておく事も重要

受験期の親子のコミュニケーションは情報収集という点からも重要ですが、 家庭環境を良好に維持する為にも必要です。 受験期のお子さんの精神的な圧力は相当なものです。

しかし、 進学先によって学費がどうしても足りない場合などの話や、 家計の状況などの話は前もってしておく方がいい事もあります。

両親が共働きの世帯の方の体験談です。 Aさん(女性)は私学の大学に進学したいという希望を持っています。 入学費用と授業料については現状の両親の収入では厳しいことを自覚していました。

父親の会社の業績が悪化している状況で、母親もパート勤めの時間を増やしていましたが、 住宅ローンの返済に追われて預貯金もほとんどありません。

しかし何とかして進学させてやりたい両親は、Aさんにありのままの家計の状況を伝えます。 かえってそれが具体的な金策の方向性を見つけやすくし、 学費の工面も何とかする事が出来たのです。

Aさんは無事に合格して進学する事ができ、 学校に通いながら少しでも家計の負担を減らすよう頑張ったとの事です。

自分の学費は自分で返済する自覚

誰のための進学かを考える機会

奨学金はもちろん、教育ローンにも在学期間返金据え置き制度があります。 在学中は利率分だけを支払う事も選択できます。 つまりその気になれば卒業後本人が働いて返すことが出来ます。

それぞれが可能な範囲で返済をバトンタッチする 「親子リレー返済」なども視野に入れ検討する事も時として必要です。

もちろん親としては勉強以外に出来る限り負担になる事を無くしたい、 経済的に不安になるような事を知らせたくないという気持ちも捨てきれないのが現実です。 子供に愛情を注がない親は少ないものだからです。

しかし、自ら学費を出す事によって得られる事もあるという見方もできます。 つまり、進学して教養を身に付ける事が、 最終的に自分自身の為であるという事を自覚するいい機会とも考えられます。

経済的な理由で収入が減少している場合や、 兄弟・姉妹が次の進学を控えている場合などは親御さんの負担も相当なものです。 しかっりコミュニケーションを取って互いに理解しあえば、 お子さんも十分納得されると思います。

子供は勉強・親は金策

子供さんは志望校に合格する為に勉強に集中します。 一方、親御さんは今後必要になる学費を工面するための計画を立てなければなりません。

受験料、手付金、入学金、授業料。 無事に合格までたどり着けても進学先が地方ならば住む場所の手配、 家具、家電その他もろもろの費用が発生します。

進学に関しては親としての経済的な支援は出来る限り行ってやりたい。と考えるものです。 しかし、経済的な事情で全てが万事支援が出来る状況で無い場合もあります。

子供さんの進学の為に、親として頑張る事も大切な事ですが、 経済的な理由でどうしても資金の都合が不透明になってしまうならば、 子供さんにその旨を正直に説明する事も一つの選択肢として持っておいてもいいのです。

スポンサードリンク

このページのトップへ