あなたのお子様の進学に必要な学費の総額は?融資を申し込む際の注意点とポイントは?基本事項を確認してください。

融資の金利型とは?

融資を受ける際に、固定型金利と変動型金利がありますが、 どちらがお得でしょうか?

あなたの状況に応じて最適な教育ローンを選択できるヒントを提供しています。 …続きを読む

教育ローン比較の前に

子供1人当たりの年間の在学費用は、高校が約93万円です。

では高専・専修、短大・大学での学費はいくら位が平均額かご存知ですか? …続きを読む

スポンサードリンク


「固定金利型」と「変動金利型」はどちらがお得?

何らかの形で融資を受ける際には、確認するポイントが幾つかあります。 その一つが金利です。 もちろん教育ローンで融資の申し込みを色々と比較・検討しているあなたも、 この点は注意していると思います。

金利を比較する上で、 金利のパーセンテージは見ているが金利のタイプは確認していないという人も意外と多いのです。 金利のタイプとは借り入れする融資が「固定金利型」であるか、 「変動金利型」であるかの事を指します。

金利タイプによって、金利や返済額の見直しルールが異なってきます。

このページでは。教育ローンの比較のポイントを幾つか絞って説明して行きたいと思います。 その中でも、まずは返済時の額に直接関係する金利関係について簡単に説明していきます。


教育ローン・金利のタイプで比較・検討

固定金利型と変動金利型の特徴を説明していきたいと思います。 それぞれ十分理解して、教育ローンする上で比較の材料に役立ててください。

固定金利型の特徴

固定金利型とは、「 申し込み時に契約した金利 」で固定する借り入れ方法です。 つまり借入時に決められた金利が返済終了時まで変わらないタイプの融資方法を指します。 ※国のローンである教育一般貸付などもこれにあたります。


変動金利型の特徴

変動金利型とは借入れ当初に適用される金利が、 「 一定期間後の見直しなどで変動する 」借り入れ方法です。 ローン申し込み時に、適用金利は年何回見直しをするか、など必ず確認する必要があります。


それぞれの金利タイプのメリット・デメリット


固定金利型 「 申し込み時に契約した金利 」で固定するタイプ
メリット 返済期間の金利・返済額が確定する為予定が立てやすい。金利変動で上昇局面になっても影響を受けない。
デメリット 金利の低下局面でも、固定金利を選択してしまえば金利変更ができない場合がほとんど。

変動金利型 「 一定期間後の見直しなどで変動する 」借り入れタイプ
メリット 一定期間(半年や一年など)ごとに金利を見直すため、金利の低下局面では総支払額が減少する可能性がある。
デメリット 一定期間(半年や一年など)ごとに金利を見直すため、、金利の上昇局面では総支払額が増える可能性がある。

こうして見ると一概にどちらがお得か? という質問自体がナンセンスだと言う事が感じられると思います。

一般的には、経済情勢で金利が安い状態であると判断できる場合には固定金利型を選択する。 逆に今後の情勢次第では金利低下の可能性が高いと判断される場合には、 変動金利型を選択するという事が一番適切な表現になるでしょう。

もちろん教育ローンを比較する上では、金利のパーセンテージの数字自体も重要です。 しっかりと色々な情報を収集して検討する事は言うまでもありません。

このページのトップへ

学費がどれくらい必要か把握していますか?

教育ローンなどで学費の借り入れ先を比較・検討する場合には、 まず第一に自分自身の子供に今後どれくらいの学費が必要であるか? という事を具体的に計算してみる事が先決です。

それによって教育ローンを比較したり検討したりするポイントは変わってきます。 いくら金利が安く借り入れする事が可能になっても、 総額で学費が足らなくなれば将来的な家計のやりくりも出来なくなるからです。


子供一人当たりの年間在学費用(参考数値)

私立大学で卒業までに必要な学費は文系、理系を平均すると約500万円です。 さらに細かく見ると、子供1人当たりの1年間の在学費用は、高校が約93万円、 高専・専修・各種学校が約145万円、短大が約143万円です。

大学での1人当たりの1年間の在学費用は約148万円で、 それぞれ私立大学の初年度の学費は約165万円、国公立大学では約106万円という事になります。

上記の数字はあくまで平均値です


実際には学部や進学先によっても学費にはバラツキがあります。
私立大学の医学部や薬学部などではもっと学費が必要となります。

正確な学費は必ずその大学から直接発行されている案内文書等で、 自身で確認する事が一番です。

このページのトップへ


借り入れの検討は学費以外にも必要な費用を考えて

例えば大学の進学の費用は入学金と授業料だけではありません。 進学先への交通手段や立地によっては、もっと支出が増える可能性があります。

受験した大学の合格結果によってはアパートや下宿などの一人暮らしが必要な場合も出て来るのです。 その様な時には敷金礼金、及び家賃、生活家電を買い揃える費用も必要になってきます。

さらに、初年度は入学金や住まいの家財道具などの準備で特別に掛かる費用が幾つも必要です。 つまり自分達が計算した以上にお金が必要になることもあるのです。 後になって慌てないように考える事も重要なのです。

そういった意味では、教育費の準備は余裕を持つ方向で検討する、 ということが教育ローンなどの融資を比較して利用する際のポイントの一つといえます。

その他の教育ローン比較ポイントは?

学費の借り入れには最大融資枠に注目する事も重要です。 いくら有利な条件で借り入れが出来ても、学費が足りなくなれば意味がありません。

例えば、自宅外通学ともなれば教育費は思った以上に必要になります。 その際には融資の最大枠にも注意しながら進学ローンなどを比較していく事になります。

日本政策金融公庫によると、 自宅外通学者への仕送り額は年間平均95万円となっています。 その内、自宅外通学者のいる世帯の割合は、全体の38.9%を占めています。

子供が自宅から通学できる家庭ばかりではない状況が見て取れます。 学費の工面には色々な方向から情報を収集して、 最初から借入先などを限定しすぎない事も一つのポイントです。

手取りは目減り ・ 教育費の割合は上昇しているのが現状

家計を預かる主婦の方たちでも最近は、景気が悪い、経済が低迷している。 と日常的に実感できる事が多いと思います。 なぜならば家計の平均収入は、例えば約20年前に比べて少しも上昇していないのです。

銀行にお金を預けても利息はつかず、旦那さんの給料は目減りするばかりです。 だからこそ、学費や教育費などの必要経費は色々と比較して検討してみてから、 賢く融資を受けたい。と考える事は間違っていないのです。

スポンサードリンク

このページのトップへ