自分達にあった最適な教育ローンを選ぶコツとは?まずは融資を申し込む前に情報収集をしてみて下さい。

融資を申込む前に必要な金額と返済について考える

最適な教育ローンを選ぶポイントをまとめてみると下の表のようになるかと思います。

純粋に教育の事 お子さんの志望校の合格率。
進学先の授業料や入学金など。
自宅から通学可能か、自宅外通学か。
融資・ローン いくら必要か?(入学金・授業料・引越し代・など)
総額でいくら借り入れればOKか?
金利、返済期間、その他の条件など。
家計などの状況 現状の収入から見た返済能力。
今後の収入のメドやその増減の予測。
次男、次女などの進学の可能性など。

学費の工面の方法はたくさんあります。 その中でもローンを検討してる人でも世帯によって必要な金額も違ってきますし、 収入や返済能力も各世帯によってすべて違います。 当たり前の話ですが、教育費などの学費に備えている預貯金の額なども違います。

ここでは先に述べさせて頂いた「最適な教育ローンを選ぶポイント」 一覧表の項目について少し詳しく見ていく事にしましょう。

ローン比較のポイント

当サイト別ページにて、 教育ローン比較のポイント について解説しています。

教育ローン比較の際の金利などについて、簡潔に読めるよう解説しています。 ぜひ一度御一読ください。

スポンサードリンク


最適な教育ローン選ぶ為に 【その1】


純粋に教育の事について考えるヒント

教育の事を考える上で必ず必要となる事があります。 それはお子さんとの会話です。 多くの世帯で往々にしてあるのが、 子供さんが希望する進学先と親御さんが望む進学先と違ってくる事です。

親は子供よりも長く生きている分、視野も広く色々な経験も積んでいます。 だからこそ、自分の子供には出来る限り最適と考えられる進学先を勧めたいと思っています。 子供に愛情があるからなお更です。

一方、子供も子供なりに自分自身の将来の事を考えて進学先を見つけて日々努力しているのです。

この考えの違いや目線の違いを、普段の会話で出来る限り把握しておく事が重要です。 そうすれば、いざ志望校はどこかという話になった時に、 学費の算段や親の希望などと大きくかけ離れていて慌てる。 というような事態を避ける事につながります。

極端な例を挙げれば、子供さんが「医者になりたい。」 といって学費の工面に途方にくれてしまう。 でもいざ模擬テストの合格率をみたら10%以下だった。という様な事もありえるのです。

ですから普段の子供さんとの何気ない会話で、 色々な情報を引き出しておく事が非常に重要だと言えるのです。

最適な教育ローン選ぶ為に 【その2】


融資・ローンの申込について考えるヒント

多くの世帯が住宅ローンや自動車購入時のローンの返済があるのが現状です。 あるいはローンなどの返済が全く無い世帯でも十分な預貯金がある、 という世帯は少ないのが現状ではないでしょうか?

一度に大きな出費が発生しては家計がやりくりできない、 という事が金融機関などからお金を借り入れる大きな理由です。

もちろん借り入れたお金は分割で返済する必要があり、 なおかつ借り入れた金額に対して金利が発生します。 ローンは表面金利、保証料、繰上げ返済手数料などいろんな費用が掛かってくるのです。

当然、子供の進学ローンなどで学費の工面の為に金融機関からお金を借入れする場合でも、 同様にリスクを考える必要はあります。

銀行、信用金庫、信用組合、JA、ろうきん、日本政策金融公庫など、どこで借入れをしても、 返済可能な計画と必要な教育資金の総額をシビアに把握する事は絶対に必要な事なのです。

だからこそ多くの人が、子供の成長と共に余暇やレジャーなどの娯楽費用を節約したり、 パート勤めに出たり、残業時間を増やしたりして備えをしているのです。 資金が足りないからと言って、いくらでも借入れを増やす事は出来ないのが現実なのです。

最適な教育ローン選ぶ為に 【その3】


家計などの状況について考えるヒント

子供にはできるだけのことはしてあげたいと考えるのが親心です。 しかし一方で、老後は子供の世話にはなりたくないと考えている人も多いのも事実です。

教育ローン利用世帯の不安要素 子供の将来は重要な事ですが、自分達の今後の日常も十分考慮すべき大切な要素です。

どちらがどう、という事で簡単に比べたり、割り切れたりできる問題ではありません。 だからこそ、多くの人が最善と言える形で家計のやりくりを考えているのです。

右の表は、扶養義務のある子供を持つ家庭の不安要素をグラフ化したものです。

平均年収の差なども不安要素の違いに関わってくるかもしれませんが、 約85%もの世帯で住宅ローンや教育ローンなどの各種返済に不安を感じている事がわかります。

それと同時に約75%もの世帯の人が、 自分達の老後に何らかの不安を感じているという事が見て取れるかと思います。 当然、子供の世話にならないためには、充分な老後資金の蓄えや準備などが必要となります。

しかし、40代位から多くの世帯で高校・大学などの進学で、 教育費の支出が増大する時期に差し掛かる場合が多いのです。

子供さんが複数いらっしゃる世帯では、 1年間の教育費支出が200万から300万円になってしまう年も、可能性としては十分あります。

十分な備えと賢い借入れの為に

年収の50%〜60%も教育費だけに費やす事が出来ないのが現実です。 多くの家庭ではこういった出費の為に、ずいぶんと前から教育費用を蓄えたり、 学資保険などを積み立てたりしているのです。

それでも足りない学費を、奨学金や教育ローンからの融資や借入れで乗り切る。 という考え方が一般的です。 だからこそ、賢く教育ローンを比較・検討する知識はしっかりと持っておきたい。 という人が多いのも自然な流れかもしれません。

スポンサードリンク

このページのトップへ