子供さんの進学が親御さんの人生の終着点ではありません。人生のライフプランと家計のバランスとは?

すべては子供の進学の為ですけれども・・・

大学や専門学校、 もしくは私学の高等学校などに進学する予定のお子様をお持ちの親御さんは苦労が絶えません。 何が大変かと言うと金銭的な面での準備と、子供さんの勉強環境などの生活関連の環境維持と、 自分達の今後の事を考えなければならないからです。

家計と将来と日常のバランス

例えば、お子さんが大学に進学したいと言うならば、 親として入学金や学費の確認を怠る訳にはいきません。

自分の進路の為に勉強を頑張るのは子供の努力ですが、 経済的なサポートは親としてはしてあげたいものだからです。

しかし、現実はいくらでも学費が捻出できるわけではないのです。

教育ローンの利用と計画の為に


どのような教育ローンを利用しようとも必ず返済の必要が出てくるのです。 そして自分達の今後の日常生活や老後の蓄え、 住宅ローンなどの返済のことも頭に入れる必要もあります。

子供の将来の事はもちろん大切ですが、 それと同時に家族全体の日常生活や、 自分達の老後の事からも目をそらすわけにはいかないのが現実なのです。

こういった記載をしてしまうととんでもなく不安になってしまうかもしれませんが、 自分自身の世帯の不安要素をきちんと把握して、 ひとつずつ潰し込んでいけば不安要素は軽減されるはずです。

スポンサードリンク

教育ローンを利用の際の不安を減らす為に

借りる前の不安をなくす考え方

金融機関から借入れを行い学費に充てる際には誰しも不安な事が多いものです。 ではそういった不安要素を減らすにはどうしたらよいのでしょうか? 少し整理してみたいと思います。

不安要素 解決の為の考え方
どれくらい学費が必要か 学費はそれぞれの進学先で大きく違ってきます。一番正確な方法は進学希望先の学校の募集要項などを確認するか、各学校の窓口に問い合わせることです。
毎月の返済額がどれくらいになるか知りたい 各金融機関のホームページ上では、ローン返済シュミレーションという独自の返済額を計算する無料サービスがある事が多いです。『 教育ローン 返済シミュレーション 』で検索すれば沢山見つかると思います。
借入れ金額がどれくらいがベストかわからない 住宅ローンなどの出費、光熱費・通信費・保険・税金・自動車関連の維持経費・生活雑費などを年額、月額で表にしてみましょう。要は、どれだけ学費にまわせる資金があるか、どれだけ借り入れれば足りるかを知ることが先決です。

借入れに対する不安はどこから来るか考える

教育ローン利用時の不安要素を減らす為には、 自分自身の世帯での家計を詳しく精査する事が一番です。 つまり、保険の見直しなどからはじまり光熱費、 生活費などで無駄な出費が無いか今一度自分の家計を分析するのです。

そうすればどれくらいの金額が学費に充てる事ができて、 どれくらいの借入れで済むのか?という事が見えてきます。

教育ローンなどを利用する際には他の借入れと同様に、 無駄に借入れ金額を大きくする事は余計な利息を支払う事につながります。 だからといってギリギリしか借入れをしないと後々になって学費が工面できず、 金利の高いフリーローンなどに申込まなければならない事になったりします。

これだけあれば大丈夫と自信を持って融資を申込むぐらいの余裕が持てる様に、 この項目に関してはしっかりと考えたいものです。

教育ローン・返済時の不安を減らす為に

返済時の事まで考えて計画的に利用する考え方

進学ローンは返済時の事まで考えて申込をしなければならないのは避けて通れない問題です。 多くの人が返済時の事で不安を感じる要因は家計が維持できているかどうかの心配が大多数を占めます。

だからこそ、そういった不安を軽減する為に節約や収入増加の為に色々出来る事を考えて実行している世帯が多いのです。 いわゆる、キャッシュフローの改善と言う言葉です。 キャッシュフローとは収入から支出を差し引いて手元に残る資金の事を指します。

一般家庭の多くですぐに実践できるのが節約などで支出を減らす事です。 そして将来を見据えて出来る事が収入の増加の施策を講じる事です。

残業を増やしたり、共働きに出たり、パートから正社員に転職したりする事がこれに当てはまります。

教育ローンは据え置き期間が設定されている場合も少なくなく、 返済は子供さんが卒業してからというケースが多いのです。

ここで冷静に考えておかなければならない事は、 据え置き期間後の世帯の収入構造などです。 一般的な企業は45歳〜50歳をピークに年収は減少の一途を辿る場合が多いのです。

退職金などが期待できる企業に勤めておられるのならば問題ないかもしれませんが、 そうもいかない現状の人も中にはいらっしゃるのです。

収入が減少する状況になっても現状の返済を、 将来に渡って滞りなく出来るように考える事が大切です。 返済時の不安を減らす為には、身近なところから無駄な出費をなくし、 将来に渡って収入を確保できる計画を建てることです。

その上で必要ならば教育ローンを比較して、 自分達の家計の状況に最適な借入れを行うことが最も賢明な方法の一つといえるのです。

教育ローンの借入額と住宅ローンの返済

子供さんに多額の学費が必要な世帯の多くが住宅ローンなどの返済を抱えている事が多いのが現状です。

収入が一定と仮定するならば、住宅ローンの繰上げ返済を優先させるか、 教育ローンの借入額を出来る限り少なくするかは各世帯の判断になります。

一般的な話では、住宅ローンなどの返済を抱えている世帯の人は、 繰上げ返済資金を教育費に充てた方が良いとされています。 繰り上げ返済した資金は手元に残る事はありませんし、 教育ローンは住宅ローンよりも金利が高い場合が多いからです。

総額で見た場合、金利面で有利な方を選べば良いのですが、 一般的には圧倒的に住宅ローンの方が金利は安い事が多いのです。

子供さんがまだ小さい場合は、 教育積立貯金や学資保険などで学費の資金を貯める事も可能ですが、 切羽詰まって教育ローンの比較・検討をされている人はそうもいきません。

教育ローンを安心して借りる為の基本は、 どれだけ学費が必要で、どれだけの金額ならば返済可能か、 そして将来に渡って返済が維持できるかという事です。 こういった事を具体的に考えてみて少しでも不安要素を軽減させる方向で考えてみてください。

スポンサードリンク

このページのトップへ