大学全入時代と言われています。一方で教育費用はまた別の問題です。
学費の問題であれこれ悩む前に、教育ローンを賢く比較してみて下さい。

なぜ教育ローンの比較が必要なのか

子供の学費と各世帯の年収の現実

世帯年収割合 高校入学から大学卒業までの費用は子供1人当たり平均で1,007 万円です。

世帯間の教育費の負担割合には大きな差があります。 所得の差が学費の負担割合に大きく影響するのです。

つまり年収が多い世帯とそうでない世帯では、収入に占める学費の割合は違うのです。

実際に、年収200万円から600万円未満の世帯は約半数にも及ぶのが現状です。

もはや教育費捻出の為に学資ローンや進学ローンを賢く利用しなければ、 家計の収支と支出のバランスが取れない現状があるのです。

あなたの年収はいくら?どれくらいの融資が必要?

これだけ年収の差があれば、 人によって必要な額や返済などで求める条件は大きく違ってくるのです。 さらに教育ローンや進学ローンといったものは申し込む先で条件が大きく違うのです。

「学費の工面に対する不安を軽減したい。」
「どうせ融資を受けるなら有利な条件でローンを組みたい。」
多くの人が考える事は同じです。

自分自身の家計の現状と今後の教育費のことを考えると、 教育ローンを徹底的に比較・検討したい、と焦っている人も実は多いのです。

当サイトでは、基本的なことから比較情報まで簡潔に記載しています。 時間がない人も、じっくり進学ローンを比較・検討している人も、 参考にしてみて下さい。

▼原則来店不要でお申込頂ける、三菱東京UFJ銀行のネットDEローン!

≪ネットDEローンの特徴≫
今なら期間限定金利
最大借入額500万円
保証人不要

入学金や授業料を対象としたローン。既にお支払済の場合でも、2ヵ月以内であればお申し込みいただけます。

【詳細を見る】 ネットDE教育ローン


効率よくできる教育ローンの比較のポイント

まずは自分自身の子供の進学にはどれくらいの学費や費用が必要が確認する事が先決です。 その上で、学資保険・奨学金などの不足分を教育ローンなどで借り入れをする必要があるのです。

教育ローンの比較の基準としては、奨学金や国の教育ローンから検討することがポイントです。 理由は簡単です。金利などの条件が良いのです。

次に公的な機関やJA(全農)、銀行が扱う進学ローン、 信用金庫や労働金庫(ろうきん)などが扱う学資ローンなどを検討していくことがポイントです。

しかし、教育ローンのみならず、融資全般について言えることですが、 融資条件の良いものほど審査基準が厳しい傾向にあります。 奨学金や国の教育ローンは融資条件が優れているのですが、 審査基準を満たすことができなかったり、融資額が少なかったりいる場合もあります。

国の教育ローンの比較・検討についての注意点

国の教育ローンについては国の教育ローンの種類でも説明しています。 注意点としてはここ数年で制度そのものが変更されている点が多い、という事です。

残念ながら、 ウェブサイトの情報で未だにこれらの点が更新されていないホームページも多いのも事実です。 情報収集の際には注意が必要です。

【教育ローンに関連するコラム】

「学資ローン」と「教育ローン」どちらが正しい?

同じ意味で使用される同義語と考えて全く差し支えないと思います。 使用される頻度は「教育ローン」という言葉の方が圧倒的に多く、「学資ローン」という言葉を使用する金融機関は少ないです。

ただ、「学資保険」という良く知られた言葉がある為、 初めて学資関連の融資を受けようと考えた方が思いつく言葉が「学資ローン」という可能性も高いです。 言葉の発想的には、次のような感じになると思います。

子供さんが生まれる学資保険を比較検討加入子供さんが成長大学入学の時期学費のローン「学資ローン」

確かに将来の学費関連の備え的な要素が強い保険が「学資保険」です。そのつながりで連想すれば 「学費関連の為ローン」=「学資ローン」と思う方がいらっしゃっても不思議ではありませんね。

進学にはたくさんの費用が必要

例えば大学の進学の費用は入学金と授業料だけではありません。 遠隔地の私立大学に入学が決まったような場合には、もっと支出が増えます。 アパートや下宿の一人暮らしに必要な敷金礼金、及び家賃、 生活家電などの費用も必要になってきます。

日本政策金融公庫によると、自宅外通学者への仕送り額は年間平均95万円、 自宅外通学者のいる世帯の割合は、全体の38.9%を占めています。

今では学費準備の余裕をみて、 教育ローンを子供の進学時に利用することが当たり前のような時代になっています。

子供の教育費が必要な世帯の多くが、旅行やレジャーなどを控え、 さらには食費を節約しているのです。 そして足りない分は奨学金を利用して学費を工面しています。

また、子供自身がアルバイトなどをして生活費を補ったり、 保険や預金を取り崩して学費に充てているという現状が浮かび上がってきます。

教育費捻出方法

※三つまで複数回答

教育費用捻出の内訳 日本政策金融公庫資料より引用


教育ローンの比較と検討での多くの疑問

子供が進学を目指して勉強に励んでくれるのはうれしいことです。 しかし、一方で子供が希望する進学先の学費の工面などの問題が、大きくのしかかります。

親として出来る限りの準備と、不安な要素の払拭は誰しも考える事です。 日常生活に不安の無いように、かといって出来る限り有利に融資を受けたい。 と考えることはごく自然な事です。

解らないことがわからない。   「教育ローンの種類は?どのようなもの?」
基本的な事への不安。         「返済方法の種類は?金利は?」
融資に対しての不安。          「誰でも借りれるの?」
自分のニーズに合うか心配。      「どれくらい借りられるの?」
子供の合否も心配だけど…。      「いつ申し込めばいいの?」
素直に誰かに聞きたいこと。       「どこが一番有利なの?」
お隣さんにも気軽に聞けない。     「みんなはどうしてるの?」

など、教育ローンを比較・検討する際には分からない事がたくさんあります。

「教育ローン比較・検討サイト」ではそういった基本的な悩みから、 その解決情報まで細かく提供しています。もちろん情報は無料で公開しています。

「当サイト」の情報がお子様の進学と、学費の工面に関して、 疑問を持っている方の解決材料になれることを願っております。

スポンサードリンク

このページのトップへ